脱毛器

脱毛器 > 脱毛器の使い方│ビキニラインの形

脱毛器の使い方│ビキニラインの形

ビキニラインのムダ毛を処理する時に一番悩むのがその形ではないでしょうか。 ビキニラインというだけで処理するなら、逆三角形が一番しっくりくる形かもしれませんが、Tバックやその他のアンダーウエアの形状によっては、IラインやOラインに関しても脱毛する必要が出てくるかもしれませんね。

ビキニラインというのは馴染みがあるかもしれませんがOライン、Iラインとはどの部分を言うのでしょうか。 Oラインとはずばり肛門の周りのムダ毛であり、Iラインとは性器のまわりのムダ毛です。

このような場所を脱毛してもらうには考えるだけでも赤面してしまうため、モデルさんや特殊な職業の人以外はあまり脱毛する人もいませんでした。しかし、最近は衛生面からもハイジニーナという脱毛で性器全体をツルツルに永久脱毛する人もいます。

しかし、ツルツルにしてしまうと友人同士で温泉などに行った時に「ちょっと…」という人もいるため、そこまでツルツルにしなくてもある程度形を整えた状態でビキニラインを整える人がほとんどです。

どうせなら美しいビキニラインを整えた方がいいということで、人気のビキニラインは

・トライアングル型(三角形)
・オーバル型(卵形、楕円形)
・Iライン型(長方形)
・スクエア型(正方形)
です。

トライアングル型は自然で、どんな下着にも隠れるラインとして人気の傾向にあります。 後はその形を少し大きめにとるか、小さめにとるかというところですが、恥骨の部分が隠れるくらいの大きさが非常にきれいなラインになると人気になっています。

脱毛サロンに行くとどのような形にするか聞かれますが、自宅でも簡単にできるビキニラインのテンプレートも売られています。 脱毛サロンで人気のアンダーヘアの型紙を自宅用に商品化されたもので、アンダーヘアの形見本のようなものです。

スタイルガイドから出ている毛をシェーバーなどで剃ります。 スタイルガイドを取りはずし残った毛をVライントリマーなどでカットするだけなので、失敗もなく簡単に自己処理できます。


毛抜き脱毛のメリットとデメリット

自宅で脱毛の自己処理をする場合、最も多いのがカミソリで剃るで、次に多いのが毛抜きやワックスなどで毛を抜くという処理方法です。 毛抜き脱毛の種類としては、「毛抜き」「電気脱毛器」「脱欧テープ」「ワックス」などがあります。

電気脱毛器を使用する場合、ヘッド部分を肌に密着させてムダ毛を引き抜いていきますから、あらかじめ脱毛したい部分を5ミリ程度に短くカットしておくと巻き込みがなくスムーズに脱毛できます。

脱毛テープの場合、処理したい部分の毛の流れを整えておくことが大切です。 汗をかいたり水気が付いたりすると粘着力が落ちてしまうので注意が必要です。

脱毛ワックスの場合、処理したい部分のムダ毛をあらかじめ5ミリくらいにカットしてから溶かしたワックスをヘラでむらなく塗ります。 ワックスが完全に固まったのを確認してから毛の流れと逆方向へ一気にはがします。

毛抜き脱毛はどの方法でも肌に相当なダメージがあるため、アイスパックや冷やした濡れタオルなどで肌を冷やして鎮静化させることが大切です。 毛抜き脱毛のメリットは、カミソリなどで剃るより処理頻度も少なく、1ヶ月くらいはツルツルでいられるという点です。

また、コスト的にもお財布にやさしいというメリットがあります。 デメリットは、やはりどの方法でも「痛み」が付きものだという点です。 痛みを和らげるために毛穴の開いたお風呂上がりに脱毛する方法もありますが、それでも痛みはあります。

痛みがあるということは体に無理をさせているということですから、肌へのダメージも相当あります。 そのためトラブルとして「埋没毛」や「鳥肌」が起こりがちになります。 埋没毛は、毛を抜く時に途中で切れてしまって、毛根が残った状態で皮膚の外に出られなくなり、皮膚の中で成長してしまうものです。

鳥肌は、毛を抜く時に皮膚もいっしょに引っ張られ、毛が抜けた後もそのままの状態になってしまうことで起こります。 このように毛抜き脱毛は、お手軽な半面、肌トラブルを起こしやすい脱毛方法といえそうです。